マリアさまのこころ

子育てをともに考えるニュースレター
2007年 5月号
    て・くむ
(te cum: ラテン語「あなたとともに」の意)
            
          愛された子どもは愛することができるおとなになる                 海の星カトリック幼稚園 
             510−0063四日市市十七軒町2-4 
            TEL.059−354−1726                              園長  神馬  久美
     http://www.cty-net.ne.jp/~umi-hoshi/ 

5月の聖句
  恐れることはない。 あなたは神から恵みをいただいた。                       〔ルカによる福音 1章30節〕

 天使が突然、ナザレ村のひとりの娘の前に現われて、「あなたは赤ちゃんを産むでしょう。その子は神の子です。」と言いました。マリアというこの娘は、心臓が飛び出るほどびっくりしたことでしょう。天使はその様子をみて、「恐れることはありません。」と穏やかな声で言ったに違いありません。「これは『恵み』なのですよ。」と。
 神の「恵み」は、時には大きなショックや悲しみという形でやってくるので、それが「恵み」だとわかるまでに時間が掛かります。知人が脳梗塞で、一命は取り留めたものの言葉が出なくなりました。しばらくして、彼の奥さんが「やっと、これがお恵みだとわかったわ。」と話してくれたことを私は忘れることができません。彼女の夫への愛が一層深くなった喜びが伝わってきました。
 「恵み」は「愛する力」と言い換えることができます。私たちは、問題や困難、不幸に遭ったときに神様から特別に愛されるので、「愛する力=恵み」をたっぷりいただき「愛することのできる人」へと成長していくことができます。今月は自分や家族が受けてきた恵みを思い起こしてみてはどうでしょうか。

   ♪ ♪すてきなようちえん♪ ♪                         (園で見かけたすてきなできごとをご紹介します。)

★ スモックを着たゆりぐみさん(年少)が洗面台の前で、まるで電線の上のすずめのようにずらりと横並びになって歯を磨いています。蛇口からは水がジャージャー。一番奥の水道の前にきちんと縦に並んで順番を待っているばらさんたち(年中)が、やや控えめに、言いました。「『もったいないばあさん』がくるよ。」「そうだよ、お水だしっぱなしは『もったいないばあさん』がくるよ。」 なんと、成長した、しかもやさしいばらさん!
★ もみじの木が大きな枝ごとポキリっと折れてしまいました。ところが、その枝にはもみじの花とプロペラ状の実がたくさんついていて、びっくり! このハプニングのおかげで、ふだん目にとまらないすてきなもみじの「秘密」をお部屋に持ち帰って、みんなで観察しました。
★ すみれ(年長)のラジオインタビュー、みんな元気いっぱい答えてくれたようです。歌の時は、あまりにもみんなの声が大きいので、マイクを持ったラジオ局のおにいさんが思わず後ずさり。「こんな元気な子ども達ははじめてです!」とのことでした。。
★ ゆりぐみの数人と雨上がりの水溜りで「コーヒー牛乳工場」をやって遊びました。ばらの女の子が「なにしてるの? いれて!」というと、yくんが振り返り、すてきな笑顔で、「いいよ、いいよ。いっしょにあそぼう!」と言いました。子どもたちは、こんなふうにして毎日おともだちがふえていくのですね。


☆ 協力会総会にはたくさんのご出席ありがとうございました。今年度より、健康診断の問診表を記入していただく(希望者のみ)こと、などを連絡いたしました。
☆ 中部近鉄百貨店の「お母さんの詩コンクール」ですみれぐみの山本りなほちゃんが中日ホームニュース賞を受賞しました。おめでとう! 応募作品はすべて11日から16日まで5階で展示されています。ぜひ、見に行ってください。
☆ マリア祭は、聖母マリアの像にお花を捧げて聖母の美しい愛の心をたたえる式です。お子様と一緒に聖歌を歌ってお祝い下さい。聖歌の練習を10日(木)、14日(月)、21日(月)の9時30分から10時まで聖堂で行います。できるだけご都合をつけてご参加下さるよう、お願いします。
☆    保護者のための講演会を5月28日(月)の午前中行います。講師はサレジオ修道会司祭田村神父様、こどもの心の教育がテーマです。「園だより」の行事予定には載っていなかったのでお忘れなく。卒園児、トトロン・ルームの保護者の皆様も奮ってご参加ください。

The biblical phrase of this month—Don’t be afraid;
God has been gracious to you. (Luke 1:30)

 An angel appeared, and said to a young lady called Maria,
“You will become pregnant and give birth to a son!”
She must have held her breath. The Angel told her not to
be afraid in gentle voice, adding that it is because of
God’s grace.
 It sometimes is difficult for us to know how God is
gracious to us in our sorrows or disasters. One of my
friends had a cerebral infraction and lost his words.
Later, his wife said to me, “I finally realized all that
happened to us was God’s grace.”
The proper translation of “grace” is “power to love”.
In difficulties or disasters, God loves you in his
special way. You will be provided with plenty of power
to love others. That’s how you keep growing to be
a person who can love others. Why don’t we try to
remember what grace God has given to us?

☆ Rinaho Yamamoto was given Chunichi Home News
Award at the Mothers’ Poem Contest. Works of all
participants will be exhibited on the 5th floor of
Chubu Kintetsu Department Store.
☆ Please mark your calendar on Monday, May 28th
as the lecture for the parents. Fr. Tamura will give
us a talk on Catholic education for children. And
choir rehearsals for St. Mary’s Celebration will be
at 9:30-10:00 on the 10th, 14th, and 21th.

♪Sutekina Yochien♪
★ Yuri children were brushing their teeth in
a row along the edge of the sink, while Bara children
lined up vertically and nicely. They saw water was
running out of the taps in front of the Yuris and said
in a gentle chorus, “You’d better not waste water or
Mottainai Basan will come and get you.”
★ A big branch of our Japanese maple got broken.
We were surprised that the branch had so many little
red flowers and propeller-shaped seeds. We brought
the branch in and watched the secret of the maple that
we seldom notice outside.
★ A radio interview was recorded at Sumire
classroom. The interviewer was surprised to hear every
one answered his question and sang in such a loud voice.
★ I played with Yuri children making
café-au-lai in the ponds after rain. Some Bara
girls approached and asked, “”What are you doing?
May we join you?” y-kun turned with a big smile and
said, “Of course! Let’s play together!” Children
can make friends in such a nice way.

  
先月号に続いて、園芸、食育、掃除、図書の側面のうち、掃除と図書を紹介します。
            (以下省略)