また、みずたまり

朝方の大雨にびっくりして目が覚めました。幸い夜が明けるころにはすっかり晴れ上がり、今日は暑くなりそうとの予報。出勤すると、また水溜りが運動場のあちこちにいっぱいです。「せんせい、ブランコのれないよ。」とKくんが教えてくれたので、まず、プランコの下の水を2,3人でくみ出し、砂を入れました。「あっちのおにわにたくさんおみずがあるの。」とSちゃんたちが誘います。それから、ぼくもわたしもと、お手伝いさんがどんどん増えてきて、10人くらいがみんなでバケツとスコップで作業続行。あっという間に水溜りは小さく、少なくなりました。Kちゃんと、Yちゃんは、排水溝の砂もあげてくれるほど、ほんとにみんな一生懸命働いてくれて、丁寧な仕事ぶりに感激しました。
それからものの30分で、キンピカのお日さまがジューって残った水を蒸発させてくれました。おかげで、英語の時間がおわったゆり(年少)組さんは、思いっきりお庭を走って遊ぶことができました。